カードローンを利用していて多重債務者にならない為の心がけは?

カードローンは使い始めるととても便利です。

しかしながら、カードローンで多重債務者が発生していると言ったニュースもよく聞きます。

カードローンで多重債務者にならない心がけについて解説します。

・カードローン多重債務者にならない心がけ 繰り上げ返済を行う

カードローンの返済方式は残高スライド方式が主流です。

この残高スライドは借入残高が減るほど、最低返済額が減っていく方式になっています。

月々の最低返済額がとても少なく、最低返済額を返済していても元本は殆ど減りません。

月々の支払いがちゃんとできているからと言って借りすぎてしまうと、最低返済額の支払いだけで一杯になり、気がついたら多重債務者になっていたりしまうのです。

・カードローン多重債務者にならない心がけ カードローンは貸しすぎると知っておく

カードローンが貸しているうちは多重債務者ではないと思っていませんか。

銀行などのカードローンは保証会社を付けますので、貴方が借金を返せなくても保証会社から返済がされる為、取りっぱぐれが無いので貸しすぎてしまうのです。

多重債務者にならないためにも、カードローンの審査は貸しすぎると認識して、限度額一杯まで借りない様にしましょう。

カードローンは収入証明なしで200万円位まで申し込めることがざらにあります。

カードローンを限度額一杯まで借りると、知らず知らずの内に多重債務者になっていたりします。

借りすぎは控える様にして下さい。