水商売など夜のお仕事でもカードローン審査に通る?

水商売や夜の仕事でもカードローン審査は通るのでしょうか。

カードローン審査で水商売、夜の仕事がどのように捉えられているのか、水商売や夜の仕事でも審査に通る及び脱却する方法について解説します。

・基本的に水商売、夜の仕事だけだと通らない

水商売、夜の仕事をしている人の収入は安定しません。

ホスト、ホステス共に歩合制による部分が多く、今月は収入が多くても来月になると見通しがつかなくなります。

水商売、夜の仕事だけでは返済が心もとないと思うのが、カードローン審査での基本的考え方です。

しかし売り上げが高い高収入のキャバ嬢、ホステス、ホストの、バーテンダー等の場合できちんと在籍確認や収入証明ができる場合はモビットなどの大手有名消費者金融でも審査に通る方はたくさんいます。

・他に仕事を持っていれば水商売、夜の仕事でも通る

昼間はOL、夜は水商売、夜の仕事をしている人も多いのではないでしょうか。

こういう人は両方の仕事で年収がはかられますので、水商売、夜の仕事でもカードローン審査で通ります。

普通のアルバイトと水商売、夜の仕事を掛け持ちしている人も大丈夫です。

・水商売、夜の仕事だけの人は中小消費者金融を狙う

大手消費者金融は金融庁検査などを高い頻度で受けるため、基本カードローン審査は保守的になります。

中小消費者金融は顧客基盤の薄さから、水商売、夜の仕事をしている人に対しても、審査を通しやすくしています。

水商売、夜の仕事しかしていない人は中小消費者金融を狙うといいでしょう。

カードローン審査において、水商売、夜の仕事をしている人は不利に扱われます。

他の仕事との合算や、中小消費者金融を使うなどして乗り切ってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ