クレジットカードの現金化は違法なの?グレーゾーン?

クレジットカードの現金化、ちょっと興味がある人がいるんじゃないでしょうか。

一方でクレジットカード現金化は『違法』か、『違法じゃなくてもグレーゾーンか』と言う話があります。

クレジットカード現金化の違法性についてズバリ解説します。

・クレジットカードの現金化は違法性ゼロです

クレジットカード現金化が罪に問われる可能性がある場合は、クレジットカード会社に対する詐欺罪が成立するか否かです。

詐欺罪が成立するには、クレジットカード会社に対して損失を与えなければいけません。

『クレジットカード現金化を思いっきりして、クレジットカード会社に損害を与える気満々です!』なんて気合が入っている人は殆んどいないでしょうし、ちゃんと返したら違法性ゼロです。

・クレジットカード現金化はグレーゾーンですらない

クレジットカード会社は現金化が違法であるように喧伝します。

その根拠はクレジットカードで購入したものは、支払いが終わるまでクレジットカード会社に所有権があるという論理です。

実はこの辺りは既に類似した事件で過去の判例があり、裁判所が認めておりません。

こんなめちゃくちゃな論理を認めていたら、売掛金で商売している事業者は支払いが終わるまで所有権を持っていない事になるので、売却が出来なくなります。

と言う事で、クレジットカード現金化はグレーゾーンですらありません。

・クレジットカード現金化は規定違反

クレジットカード会社にはお客を選ぶ権利があります。

クレジットカード現金化はカード会社の規約で禁止していますので、バレたら『カード停止』です。

できることはカード停止くらいと言うことです。

クレジットカード現金化は違法でなければグレーゾーンでもありません。

バレて強制解約されても信用情報機関に何か影響を与えるわけではないので、最終手段として覚えておきましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ