借金の時効は5年か10年!援用手続きと踏み倒しによるデメリットとは?

借金の時効、何年か知っていますか。

借金の時効が何年か、時効を迎えた後の援用手続きと踏み倒しによるデメリットについて解説します。

・借金の時効は5年ではなく10年

借金時効は法律上だと5年ですが裁判所を通して申し立てを行うと10年に伸びます。

金融機関は5年過ぎそうなら忘れずこの手続きを行いますので、借金の時効は10年と覚えた方がいいでしょう。

契約年月では無く、返済の最終支払日から10年間です。

・借金の援用手続きって?

借金が時効を迎えただけでは、借金は無くなりません。

『この借金は時効を迎えているので、払う必要はないと思います』と言って、はじめて借金が無くなります。

この手続きを援用手続きと言います。

・援用手続きの踏み倒しによるデメリット

援用手続きをして無事踏み倒しが行われ終了ですが、その間10年間住民票が移せないなどデメリットが発生します。

住民票が移せなければ、免許も更新できませんしまともな職にもつけません。

就職していたら、給与の差し押さえなどの手続きをとられ、職場の信用も失います。

それなら自己破産した方が、楽チンでしょう。ハッキリ言って、借金の時効を待つという手段は得策ではありません。

借金の時効は5年じゃ無く10年と見ておきましょう。

時効の援用を忘れずに行う事も大切ですが、そもそも時効より自己破産した方がデメリットは少なくなります。

逃げまわらず、正々堂々国の制度で戦ってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ