上限金利を制限する利用者の為の利息制限法とは?

貸金業者は契約書と合意できたら、どんな金利でも貸付ができるのでしょうか?

実は利息制限法(貸金業者のみ、銀行は対象にならない)が定められており、貸金業者は利息制限法を超えて融資をおこなうことが出来ません。

貸金業者の上限金利を制限する、利息制限法とは何かについて解説します。

・利息制限法は15%〜20%

貸金業者は利息制限法を必ず守らなければいけません。

利息制限法は100万円超の貸付については15%まで、10万円超の貸付には18%まで、10万円以下の小口貸付には20%までと上限金利が決められています。

この金利を守らない場合は貸金業免許取り消しなどのとても厳しい措置が行われます。

・利息制限法を守らない会社は闇金

利息制限法以上で融資を行う会社は、貸金業者にはいません。

もし利息制限法以上の金利を提示している会社がいるなら、それは闇金業者になるでしょう。

闇金業者とは付き合わないことが無難です。

・利息制限法でいいことばかりではない

消費者に有利な利息制限法ですが、一方で厄介な問題も発生しています。

それは昔のように融資を受けにくくなった点です。

本来危ない人には高金利、安全な人には低金利で融資を行うものでしたが、それが出来なくなりました。

今では安全な人にしか融資をしてくれないので、以前に比べて融資は受けにくくなっています。

利息制限法は返せる利息を守る法律です。

正規の業者は利息制限法を必ず守りますので、安心して利用するようにしてください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ