完済証明書・解約証明書は電話一本でカンタン入手!その例外と各社のコンセプトとは?

住宅ローンやおまとめローン、銀行とのローン契約ではキャッシングの完済証明書・解約証明書を求められる事があります。

完済証明書・解約証明書は電話一本でカンタン入手できますが、会社によっては例外もあるようです。

完済証明書・解約証明書の各社の例外とコンセプトについて解説します。

・例外!完済証明書・解約証明書は法定書類ではない

キャッシング業者には「この書類は絶対に顧客に交付しないとダメ」と言う法定書類があります。

完済証明書・解約証明書は法定書類でないので、会社によっては作成してくれません。

アコムなどは残高証明書がゼロになっているものを完済証明書・解約証明書の代わりとしています。

この辺りのコンセプトは各社によって違います。

・完済証明書・解約証明書を作成してもらえない時

完済証明書・解約証明書を作成してもらえないときは、残高証明書でいいか提出先に確認が必要です。

ただ残高証明書は解約している証明にならない事もあります。

その場合は粘り強く借入先に書いてもらう事をお願いしないといけません。

・名前が違う時は気にしないでいい

借入先によっては、完済証明書・解約証明書と言う名称でない時があります。

その場合は提出先も細かくは言わないので、受け入れてくれるでしょう。

名前が違う時は気にしないで、提出してください。

完済証明書・解約証明書のコンセプトは各社ごとに違います。

キャッシング業者によっては、別の書類になる事もありますので、貰ったら提出先に確認しましょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ