カードローンの利用が家族にばれるのはどんな時?

カードローンを提供しているモビット等の消費者金融や銀行は、他人にその利用がバレないように気を使っています。
その最たる例として、モビットのWEB完結システムがあります。
モビットの「会員サービス」は、キャッシングをすると自分名義の口座に振込されるようになっています。
毎月の約定返済は銀行引落ですし、追加の返済はネットバンキングを利用すれば振込手数料無料で可能です。
つまり、カードレスキャッングを可能としているのです。
現に、モビットではカードを発行しないことができます。
また、銀行系カードローンではキャッシュカードとローンカードを一体化させている例があります。
これも、ローンカードがないため外部からわからなくなっています。
これに対し、カードローンの利用が家族にバレる大きな理由として郵便物が挙げられます。
消費者金融の場合、コンビニATMを利用したキャッシングをすると自宅にハガキが届くことがあります。
貸金業法で利用の都度、決められた通知事項があるのですが、コンビニATMから出力される紙では書ききれないため後日郵送しているのです。
しかし、これが何らかの事情で家族の誰かに知れるとカードローンの利用がバレます。
また、ローンカードが何かの拍子で家族に見られることもあります。
ただし、一番バレる原因として多いのは、消費者金融などからの電話です。
もちろん、通常は消費者金融から電話があることはないです。
しかし、返済が滞り、督促があっても無視しているような場合は自宅に電話があります。
職場に電話があるケースもあるでしょう。
いくらカードレスにしても、キャッシュカードと一体化しても、このような事態になったらバレるのは当然です。
カードローンがバレることを防ぐ最大の手段は、期日通り返済をすることです。

また、モビットからの振り込み名義が「モビット」と記載されてしまう為、通帳記入する際はこれを家族に見られないようにする等、要注意です。