カードローン審査で重要視されるのは信用と属性だった!

モビットでのカードローン審査が行われる際に、自分の過去の信用情報を審査されるようですが、これは一体どれくらいの影響力を及ぼすのか、とても悩ましい問題です。

現在の返済の遅延は勿論ですが、(携帯電話の支払いも含む)総量規制対象内であるか、あとは

過去に債務整理を行っている場合も、信用情報に債務整理を行った旨が掲載されてしまいます。

事故情報として債務情報に名前が載っているということは、消費者金融としては、返済能力があるかどうかを疑われ信用を失います。

つまり、審査通過が落ちてしまう可能性が高まるといっても過言ではありません。

こういった理由から債務整理、返済の延滞を行った人は、審査通過に不利となることが多いです。
信用情報のブラックリストに載っている期間は、返済遅延で1年ほど、債務整理ならタイプによって違いますが、最低5年、長くて10年となっています。

その後は、リストより抹消されるので、抹消後にカードローン申請をされるといいでしょう。

審査に通過したいなら、カードローン申請は複数社にしないほうがいい?
今までキャッシングをしたかどうかは、信用情報のリストに記録されています。

そのため、同時期に借入が数社にわたる場合は、審査が不利になります。仮に複数社に審査を申し込み審査が通過しない場合は、申請に関するブラックリストに登録されてしまいます。これは通称「申し込みブラック」と呼ばれています。

このようなリストに掲載されると、消費者金融からの融資はかなり厳しくなります。

申請情報は、半年後には抹消されますので、審査に通過しなかったときは、半年ほど経てからカードローン申請をするように気を付けてください。
属性による加点方式で審査通過が決まる。
申請者がどのような生活をしているのか、例えば勤務先、収入などによって、審査通過に関与してきています。勤続年数なども影響してきます。つまりカードローン申請者がどの程度返済能力があるのかが問われます。
アルバイトでも、勤続年数が長く、一定収入がある場合などは、審査は問題なく通過すると思われます。逆に、一定収入でなく、月によって収入の増減がある場合は、万が一の時のリスクが大きいので、返済能力が疑われ、審査通過が厳しくなります。

属性審査でチェックが入るポイントとは?

住所氏名、年収、居住形態、勤務先、勤続年数、年齢、雇用形態など

これら上記のチェックポイントを主に重点的に審査し、カードローン審査がおこなわれます。審査が通過しても、融資額が低めだと通過するという場合は、事前にチェックポイントで改善できる部分を見直しておくのがいいでしょう。

<まとめ>

上記のようにモビットだけではなく、どの金融のカードローン審査でも色々な視点から融資可能かどうかを見極めるようにチェックされますので、今まであまり借り入れがない人は問題ありませんが、多重債務や既に目一杯お金を借り入れしてる人が審査に通るには、色々と難関ポイントがありますね。むやみやたらに申し込むと、それだけで減点されますから、慎重に行動したいものです。