消費者金融と銀行系カードローンの違いとは?

カードローンにはおもに銀行と消費者金融があります。この2つはどう違うのでしょうか?

今回は、そんな銀行カードローンと消費者金融系カードローンの違いについて解説してみました。

■銀行カードローンの特長!

銀行カードローンの特長としては以下のようなものがあります。

・消費者金融よりも上限金利が低い

消費者金融の上限金利は18.0%というところがほとんどですが、銀行カードローンの場合、15.0%以下が多くなっています。

・消費者金融よりも最大限度額が高い

銀行カードローンは消費者金融よりも最大限度額が高い傾向にあります。消費者金融の場合、最大でも800万円ですが銀行カードローンの場合、1,000万円以上というカードもあります。

・総量規制の対象外になる

銀行カードローンの場合では、総量規制の対象外になるので、年収の1/3を超える借入も理論的には可能です。

銀行カードローンには上記のような特長がありますが、消費者金融よりも審査が厳しめという欠点があります。消費者金融よりも貸付条件が良い分、審査も厳しくなっているのですね。

■消費者金融系カードローンの特長!

消費者金融系カードローンの特長は以下のとおりです。

・審査から融資までが非常にスピーディー

消費者金融の場合、大手ならどこの業者も審査時間は最短30分となっています。即日融資も当たり前ですので、審査から融資までが非常にスピーディーなのが特長です。また、モビットなら簡易審査なら10秒で融資が可能かを教えてくれます。さらにはモビットならお手続き完了後、最短3分で振込が完了します。

・銀行カードローンほど審査は厳しくありません。

消費者金融は銀行カードローンよりも貸付条件がやや劣る分、審査は厳しくない傾向にあります。

・大手なら無利息期間のある業者が多い

大手の消費者金融には、30日間無利息などの無利息期間のある業者が多いです。そのため、上手に利用すれば利息無料で借入することが可能です。

消費者金融には上記のような特長がありますが、銀行カードローンより上限金利が高いという欠点があります。また、総量規制の対象となりますので年収の1/3を超える借入はできません。

■銀行カードローンと消費者金融どっちがいい?

「なるべく急ぎで!」というなら、消費者金融のほうがおすすめです。消費者金融は銀行カードローンよりも金利が高いですが、融資までのスピードが早いのが特徴です。業者によっては無利息期間もありますので、上手く利用すれば利息を0円にすることも可能です。モビットならカードレスなので、カードを受け取らなくてもすぐに出金が完了します。