勤続年数が短い人でもお金を借りれるコツって?

やはりどうしても勤続年数が短いとキャッシングやカードローンの審査に通りにくくなります。

勤続年数が短い人がお金を借りる場合のコツについて解説します。

・コツ 勤続年数のスコアリングを理解する
キャッシングやカードローンを申し込むとき、勤続年数は必ず聞かれる項目です。
勤続年数の点数は、1年未満5点、1〜2年未満10点、2〜3年未満15点、3〜4年未満20点、4〜5年未満25点、5〜10年未満50点、10年以上55点とされます。
勤続年数で5点点数を上げるのは、年収100万円上がるのと同等のスコアリングがされているので、如何に消費者金融が勤続年数を重視しているかわかると思います。

・コツ 勤続年数の多少の水増しはわからない
この重要な勤続年数ですが、多少水増しをしても金融機関の審査担当者はわかりません。
というのも在籍確認は個人名でかけますので、いつから勤務しているかといった情報を取ることが出来ないから、申告通りに受け止めるしか無いからです。
転職してまだ1年くらいだが、1年程度の水増しなら怪しい人物でないならそのまま流されるでしょう。
ただし勤続年数が1年くらいなのに、10年近く勤めていると大きく水増しするのはバレてしまう可能性が高まります。
というのも信用情報機関には他の利用している勤務先情報と最終更新日が記録されている為、辻褄が合わなくなる場合がある為です。

勤続年数は審査担当者が最も確かめにくい情報の1つです。
うまくコツを掴み、審査の通過を目指して下さい。