モビットの金利引き下げ交渉は自分でカンタンにできる?

モビットを長く利用しているけど、金利が高いのでなんとかしたいなぁと考えていないでしょうか。

契約後すぐに金利を下げてもらうのはなかなか難しいことです。勤続年数が長いことは金利を低く設定してもらえる可能性はありますが、同じ職場に10年や15年以上勤めていないとそれは難しいでしょう。

モビットの金利引き下げ交渉は自分で簡単にできたりします。

モビットの金利引き下げ交渉について解説します。

・引き下げ交渉をするには上客になる

金利引き下げを行うことはモビットにとっては収益減少につながりますから、基本的には断りたくなるものです。

何か金利引き下げをしたく無い要素が貴方にあるならまず行ってくれません。


金利引き下げ交渉をするならば、
延滞をしない
信用情報が綺麗
借入総額を増やさない
職場が安定している
ある程度借り続け、金利を支払っている
元金は減っている
など、貴方の信用状態が良好でなくてはモビットも受けてくれないでしょう。


・金利引き下げ交渉で、『他社に移る』と揺さぶる

金利引き下げ交渉はうまく言わないと成就しません。

いい方法は、『他社の仮審査に通過しそうなので、金利が下がらないなら借り換えをする』と揺さぶってみる方法があります。

もし貴方の信用状態が良く、上客とみなされているなら他社に移られる前に金利引き下げに応じてくれるでしょう。

その際、お金を使う予定があるので限度額までまた借入を増やすといえば、金利を下げてもトータルの利息は増える可能性があるので引き下げ交渉が成立する可能性が高まります。

モビットの金利引き下げを上手に行って、お得にモビットを利用してください。