SMBCモビットの返済日変更は可能?遅延損害金の回避は可能?

SMBCモビットの返済日が近いのにお金が無いという事はないでしょうか。

モビットの返済日にお金が足りなくて大ピンチといった場合に使える返済日変更と遅延損害金の回避の技について解説します。

・SMBCモビットは返済日前なら支払い変更可能

モビットの支払い変更は各種チャネルから行うことが出来ます。

具体的にはWEBで行う、自動契約機で行う、店頭窓口で行う、郵送で行うと4つのチャネルを利用することが可能です。

お金が足りない時は比較的急ぎの手続きが必要になるでしょうから、WEB手続きや自動契約機、店頭窓口で行うといいでしょう。

・支払日の延長で遅延損害金はかからなくなる

支払い期日の延長がモビットに受け入れられた場合、数日間とはいえ支払い期日が伸びますので次の期日まで遅延損害金はかかりません。

もちろん延滞といったステータスではないので、信用情報機関の個人情報に記載されることもないし、モビット社内情報に記録されることもありません。

あなたにとって有利な事しかありませんので、支払い期日延長ができるかトライしてみるといいでしょう。

・利用状態が悪いと返済日変更を受け付けてくれないかも

返済日を変更するならまだしも延長する場合はモビット側の同意が必要になります。

利用状態が悪い時はすんなりと延長に同意してくれない可能性もあるでしょう。

返済期日に遅れそうなのであれば、変に小細工をせず返済期日に遅れそうですと電話をしてもいいかもしれません。

事前に知らせているだけで対応が大きく変わります。

遅延利率は20.0%(実質年率)とそこまで高くはありません。

正直に期日までに入金できそうにないと謝ることも1つの手です。

各々に合った方法を選択して下さい。

このページの先頭へ