自営業・個人事業主の場合、在籍確認の審査はどの様に行われる?

自営業者・個人事業主の場合、自由業ですから在籍確認がどのように行われるか気になるところだと思います。

通常の在籍確認の審査なら勤務先に直接電話して、例え本人が不在であっても同僚社員が電話対応する事で在籍が確認できるので、それで審査に通ることになりますが、個人事業主の場合は少し事情が異なります。

自営業・個人事業主の場合においての在籍確認について解説します。

・基本は電話で行う

自営業、個人事業主の場合は店舗やオフィスに電話がかかってきて、在籍確認を行います。

八百屋さんでしたら、在籍確認はお店の電話にかかってきて、オフィスでした店舗にかかってくることになるでしょう。

この辺りは当の本人が出れば、在籍確認の電話は簡単に終了します。

・固定電話を引いておこう

自営業・個人事業主の方の中には携帯電話しか持っていない人も多いかと思います。

そういう人の場合は、固定電話を引いておくといいでしょう。

固定電話を引いておけば、信用度は増しますし、携帯電話と合わせて連絡が付きやすくなります。

スコアリングの点数も若干アップしますので、IP電話でも構いませんから固定電話を持つようにして下さい。

・収入証明書はしっかりと

自営業・個人事業主の場合、収入証明が厳格に行われる場合があります。

ケースによっては、過去の収益状況の提出を求められる場合もありますので、色々な収入証明書を用意するようにしておくといいでしょう。

自営業・個人事業主はスコアリング審査において厳しい点数しか与えられませんので、仕事は軌道に乗っているとアピールするためにも、しっかりとした証明書を用意してください。

上手に在籍確認を切り抜けて、希望の借入額を貰ってください。

このページの先頭へ