カードローンの更新時にも審査はある?審査に通らなかった場合の返済は?

カードローン申込時に審査があるのは当然ですが、更新時にも審査があるのでしょうか?

カードローン更新時の審査について解説します。

・カードローン更新時でも審査はある

カードローンの契約期間は1年間~5年間です。

更新の1か月前に再審査が行われ、問題がなければ更新されます。

更新の際は、再審査が行われます。

再審査は貴方の年収から、状況の変化、信用情報機関の情報照会など、最初の申し込みの際と同じ質量の審査を行います。

情報が大きく変化している、特に悪化している場合、限度額の減少、場合によっては限度額がゼロになってしまう事もあるでしょう。

・審査に通らなかった場合は

カードローン更新時に審査に通らなかった場合、新たな借り入れは出来なくなります。

場合によって契約をたてに、一括返済を求められる場合もあるかと思います。

一括返済は難しいでしょうから、その場合は金融事故として信用情報機関に記録されたり、保証会社への代位弁済に移ったりと対応が悪化します。

・カードローン更新時に審査に通るには

審査に通らないと大変なことになるカードローン更新時の再審査ですが、基本的には大きな悪い状況に陥っていなければ更新されます。

大きな悪い状況の例として多いのは、他社の滞納です。

他社分を滞納しているという事は、自社も時間の問題であるだろうと思われ、更新時の審査に通らなくなるわけです。

延滞は連鎖しますので、延滞はしないようにしましょう。

カードローン更新時の審査は普通に利用している人なら問題なく更新されます。

普段から返済日に気を付ける等、キチントした利用を心がけてください。

このページの先頭へ