カードローンの貸付自粛制度はどんな内容のもの?

カードローンの貸付自粛制度と言うものをご存知でしょうか。

知る人ぞ知るカードローン貸付自粛制度、借金癖がある人には便利な代物です。

カードローンの貸付自粛制度について解説します。

・カードローンの貸付自粛制度とは

「もう借金をしないと決めたのに、また借りてしまった。金融機関が貸してくれなければいいのに」このように考えている人の為に作られたのが、貸付自粛制度です。

貸付自粛制度はCICやJICCに自分にこれ以上貸付を行わないでほしいと申告する制度になっています。

信用情報機関は貴方の信用情報に、「顧客から貸付に対しての自粛の要請あり」と書き込みます。

全ての銀行、消費者金融は申し込みの時に信用情報機関の情報を見ますので、これによってあなたはカードローンの借入が出来なくなります。

・家族は貸付自粛制度を申し込めない

中には夫や親族の借金に困り果てて、貸付自粛制度で借金を行わないようにしたいと考えている人もいるかと思います。

残念な事に貸付自粛制度は本人が申し込むか、本人から依頼された弁護士が申し込むしかありません。

また、貸付自粛制度の効果があるのは正規の金融機関のみです。

正規の金融機関から借りられなくなったからと言って、闇金に流れる事を止める事は出来ません。

貸付自粛制度を申し込んだら安心と言うわけでは無い点にも注意しなければいけません。

貸付自粛制度は借金生活から脱出できる、いい制度になります。

借金癖がある人は貸付自粛制度の利用を検討してみてください。

このページの先頭へ