転職したばかりの在籍確認。モビットの場合

モビットでは転職したばかりの在籍確認の審査はどうなるの?

モビットならWEB完結システムがあるので、

ネットから借り入れすれば、

転職したばかりでも、勤務先への電話連絡なしで借りれるのでおすすめです。

一般論でいうなら、

すでにほかの消費者金融会社でカードローンを利用している方の場合や最近まで利用をしていたことがあった場合に転職をしてほかの消費者金融を申し込む際はモビットでもそうでなくても、在籍確認の電話に注意しなくてはなりません。

モビットを含め、そもそも消費者金融の審査というのは個人信用情報機関というところにすでに登録されている申し込み者の過去の情報を元に審査を行います。

そこで転職をしてしまっているとすでに個人信用情報機関に登録されている内容と申し込み時の内容が違ってしまっていることになるので審査に通過するのが難しくなってしまうのです。

転職をして新たにモビットなどの消費者金融カードローンを申し込む場合にはその際に申告をすることが大切です。すでに他社からの借り入れがある場合は借入れをしている金額を伝えましょう。そして新しい勤務先を伝えましょう。

信用情報機関に載っている勤務先情報が古くなっているとすれば、やはり報告が必要になります。

ちゃんと申告をしないと新しく申し込んだカードローンの審査に通過できないだけでなくすでに利用をしているカードローンも取り消しとなってしまう場合があるので気を付けましょう。

お金を借りるということは慎重さが大切です。

ちょっとしたことで信用がなくなり、お金を借りられなくなってしまう場合があります。

細心の注意を払い、不安なことはまずはモビットに問い合わせをして確認をしてから申し込めば安心です。

うっかりミスで損をしないように注意しましょう。

誤解されている方もいらっしゃいますが、在籍確認は必ず行われます。

ただ、在籍確認の方法としての電話連絡は回避できる可能性があります。

「電話なし」「郵便なし」というのは会社や家族にバレずに消費者金融を利用したいと希望される方に配慮して行われます。

転職後よりも転職前の申し込みがベスト!

モビットに申し込むなら転職した後よりも転職する前のほうが理想的です。

その理由は、消費者金融だけでなく金融関連全般に言えることですが、勤続年数はできるだけ長い方が信用されますので、審査に有効です。例えば、在籍確認に関しても職場への電話連絡が免除になることも多いです。

さらに10年,20年とひとつの会社に長く勤めている方などは、審査だけでなく、金利の設定にも良い影響をもたらします。最初から金利を数%低く設定してもらえることはほとんどありません。

転職の直前はまだ金銭的に余裕があったのが、転職後に厳しくなったから消費者金融に申し込んだ、という方は多いと思いますが、モビットなら、申し込み、そして契約をしてもすぐにお金を借りなくても大丈夫なんです。契約だけしておいて、転職後にお金を借りる必要がないという状況であれば、そのまま借りずにいても問題ありません。