カードローン審査は他社借り入れ件数が3件あっても通る?

カードローン審査は他社借入件数が3件あっても通るのでしょうか。

カードローン審査の仕組みについて解説します。

・他社借入件数の借入先が重要

スコアリング審査での他社借入件数は、借入先によって大きく点数の割り振りが違います。

例えば借入件数が3社あると言っても、銀行から3社借り入れている場合だと点数は60点与えられます(借入先が無い場合は115点)が、中小の消費者金融3社から借り入れている場合は0点まで落ちます。

他社借入件数が3社と言っても、借入先のネームが良ければ通る事はあるのです。

・銀行カードローンの審査通過はちょっと難しい

銀行カードローンの審査は金利が非常に安い、分審査通過のハードルは難しくなっています。

借入先件数が3件ある場合は、ほとんどの銀行カードローンで融資を受け付けてくれない状態とみなされるでしょう。

中小の消費者金融の方が通過率は高くなりますので、大手消費者金融を諦める事も一つの方法です。

・借入件数を減らす努力をした方がいい

借り入れ件数が3件であっても審査に通過することはありますが、借入件数は少なければ少ないほど、より金利のいいカードローン審査に通過する事が出来ます。

先ずは借入残高が少ない借入先を集中的に返済して、借入件数を整理する事を考えるようにしてください。

借入先件数が3件ある場合のカードローン審査通過には色々と工夫が必要です。可能であればおまとめローンのような感じで1つに借金をまとめてしまうというのも有効な手です。とはいえ、この方法で借り入れ件数を減らしても、全体の借り入れ金額が年収の三分の一以上になってしまってる場合は審査通過が厳しくなるので、そちらも気にしなくてはいけません。

上手くカードローン審査をすり抜けて、希望のカードローンを利用してください。

このページの先頭へ