カードローンの月々の返済、どうしても苦しい時の対処法はある?

カードローンの月々の返済、苦しくていよいよ払えないという事があるのではないでしょうか。

カードローンの月々の返済が厳しくて払えないときの対処方法について解説します。

・自己破産を検討する

自己破産は裁判所に対して、借金の返済が出来ないのでチャラにしてもらうように申し立てる行為です。

カードローンの月々の返済が苦しいのは、借金をし過ぎた、収入が減収したなどの大きな理由があると思われ、その状態まで追い込まれるという事は普通の対処方法では解決できません。

専門家に自己破産について相談して、抜本的な解決を図るようにしましょう。

・民事再生を検討する

自己破産は先祖代々の土地や家がとられて嫌だ、もっと軽い対処法はないのかとお探しの人は民事再生を行うといいでしょう。

民事再生は土地や家などの資産を維持しながら、借金の金額を数分の一にすることが出来る対処方法です。

・債務整理を検討する

自己破産や民事再生は精神的に嫌だという人は、軽い対処方法として任意整理があります。
任意整理は裁判所に申し立てるわけでは無く、カードローン事業者と個別に話し合いで借金の金利削減や返済期間の延長をしてもらう制度です。

月々の返済額が減る事になりますので、生活が苦しいのも解消されるでしょう。

月々の返済が厳しくて払えない状況は、多重債務の末期症状です。

対処法をとり、生活の立て直しを行ってください。

このページの先頭へ