個人信用情報って何?どんな内容が登録されているの?

カードローンの審査でほとんどの金融機関が確認して審査に反映させているのが個人信用情報です。

自分の信用情報を確認する機会が殆ど無いため、どんな内容が登録されているのか分からない方は多いのではないでしょうか。

そこで信用情報について説明していきますので、是非申込みする際の参考にしてみて下さい。

● 信用情報機関が管理している個人情報

個人の金融に関する信用情報を管理しているのが「信用情報機関」です。

日本信用情報機構(JICC)、株式会社シー・アイ・シー(CIC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)と3つあります。

各社で保有している情報は次の通りです。

▲ JICC

・氏名や生年月日など本人を特定するための情報
・契約日や貸付金額など契約内容に関する情報
・残高や完済日など返済状況に関する情報
・債務整理や破産申立など取引事実に関する情報
・運転免許証の記号番号など申込みに関する情報
・その他の情報

▲ CIC

・氏名や生年月日など申込情報
・勤務先名や契約日、異動、遅延有無、貸付日、残高などクレジット情報
・電話番号や利用日など利用記録

▲ KSC

・ローンやクレジットなど取引情報
・ローンやクレジットなど申込みや契約内容などの照会記録情報
・取引停止処分など不渡り情報
・破産や民事再生手続きなど官報情報
・本人確認書類の紛失や盗難など本人申告情報

金融機関ではこの個人信用情報を確認し、申込者の信用力を調べています。

遅延、延滞、債務整理など事故情報が登録されていると審査に落ちる可能性大です。

一度登録されても期間の経過によって削除されます。

信用情報機関に開示請求を行うと削除されたかどうか確認することが可能です。

消費者金融だとJICC、CICに加盟していることが多いため、気になる時は開示請求してみると良いでしょう。

本人の情報に関してのみ、1000円の手数料で情報開示してもらえます。申し込みは簡単です。

スマートフォンからでも申し込みは可能で、内容の確認もスマートフォンで可能です。

このページの先頭へ