カードローンは最大何社まで借りられる?複数社への同時申込みしても大丈夫?

カードローン、一社から借りられなくなったら、ドンドン借入社数を増やしたくなります。

カードローンは最大何社まで借りる事が出来るのでしょうか。

複数社への同時申し込みも含めて、解説します。

・カードローンの最大借入社数は人それぞれ

カードローンの最大何社まで借入る事が出来るかというと、この辺りは人それぞれで決定していきます。

年収が多くて一社あたりの借入額が小さければ、多くの社数で借りる事が出来るでしょう。

中小消費者金融は審査が緩いので、借入社数が多くても融資してくれる事はあります。

ただし、総量規制に該当する以上の借入は出来ません。

・複数社への同時申し込みは大丈夫?
複数社に申し込むと、申し込みブラックに陥ると言われています。
申し込みブラックを避けるためには、1社落ちたら3ヶ月以上期間を空けないといけないと言う話しですが、実はこれは正確ではありません。
申し込みブラックは信用情報機関にアクセスした時点で記録が残る事から発生する現象ですから、申し込みをして直ぐに結論を出す仮審査の段階では影響しないのです。

つまり、『申し込みをして仮審査で落ちたと感じるなら、次の所に申し込んでも大丈夫』と言うことになります。
複数社同時に申し込むと、信用情報機関の記録で金融機関が混乱するのでやめた方がいいでしょう。

・借入社数は増やさない
借入社数を増やすと、1社あたりの最低返済額が上がりますので資金ショートを起こしやすくなります。
返済日がわかれて管理もしにくくなるでしょう。
借入社数は増やさないのが理想です。

一般的に借入社数は5社以上あると、金融機関審査が通らなくなります。
中小消費者金融だと審査基準が緩いので、どうしても借りたい人はこの辺りを狙ってみてもいいでしょう。

このページの先頭へ