消費者金融についての疑問にお答えします

消費者金融のことはCMで知っていてもどんなことをしてくれるのかよくわからなかったりします。

お金を貸してくれるところというのはわかっていても、いざ仕方なく利用することになってもやはり良いイメージではないため、利用をためらうことも多いのではないでしょうか。


Q家族に内緒でお金を借りたいのですが、自宅に電話や郵便物が届いてしまうのでしょうか?
A:お答えします。モビットでは、申込みの際に自宅への連絡はありません。本人確認は申込み時に記入された本人の携帯電話の番号におかけして確認するため、自宅に電話をかけることはありません。また、月々の利用明細は自宅へ郵送することはありません。公式ホームページから会員ページにて利用明細が確認できます。


Q1万円からでも借りれますか?
A:お答えします。1万円でも2万円でも、少額のお借り入れも問題なく利用できます。契約時に決まったお客様の限度額以内であれば、いくらからでも借り入れは可能です。


Q審査では勤務先に電話がかかってくると聞いたんですが、なぜ必要なんですか?
A:お答えします。審査では本人確認とは別に、勤務先を確認するという重要な在籍確認の審査があります。働いている会社があって、安定した収入があることが融資の絶対条件です。融資をしたとしても、毎月の返済が滞り無くできないと判断されれば、契約はできません。そのための確実な確認方法として、在籍確認の電話連絡があります。申込み時に勤務先の情報を記入しなければなりませんが、そこに虚偽の報告がないかを確かめるものです。ですが、確認審査と言ってもとてもシンプルなものです。「○○さんはいらっしゃいますか?」これだけです。「ただいま席を外しています」例えばこういう対応があれば、それでその会社に在籍していることが確認されたので、審査は完了です。


Q在籍確認の電話に本人が出てもいいんですか?
A:お答えします。問題ありません。職場の方が出て、あとから本人が出られても、最初から本人が対応しても、審査は完了です。その際、簡単な質問をします。例えば「生年月日」の確認などです。


Qクレジットカードを所有していますが、新たに消費者金融に申込む際に影響はありますか?
A:お答えします。実はクレジットカードの利用方法によって影響する場合があります。お買い物をローンで返済していく「ショッピング枠」の利用なら、金融機関の審査に影響してしまう「総量規制」の対象にはならないので大丈夫ですが、クレジットカードでお金を借りる「キャッシング枠」というのは、総量規制の対象になります。消費者金融では年収の3分の1が借入可能額となりますが、他社での借入れがある場合は、年収の3分の1から借入額を差し引いた額となります。もし、他社での利用額がすでに年収の3分の1を超えている場合は新たに消費者金融を申込むことはできません。


QモビットのWEB完結というサービスを受けるにはどんな条件が必要ですか?
A:お答えします。三井住友銀行、または三菱東京UFJ銀行のご自身の銀行口座を持っていることが条件になります。また全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証をお持ちの方が条件になります。お持ちでないかでも、通常のカード申し込みは可能です。申し込みができないわけではありません。


Q消費者金融を利用するのに保証人は必要ですか?
A:お答えします。消費者金融では保証人や担保などは必要ありません。お客様の個人情報から利用可能かどうかの審査を行いますので、第三者を仲介させる必要もありません。過去の利用履歴と、本人確認・勤務先確認ができれば利用可能ということになっています。


Q収入証明書は必要ですか?
A:お答えします。モビットの場合では、現在の収入を証明できる書類として以下の中から1点を提出する場合があります。
【源泉徴収票の写し】【税額通知書の写し】【所得証明書の写し】【確定申告書の写し】【給与明細書の写し】
給与明細書に関しては直近の2ヶ月分が必要です。


Q年収が少ないと審査に影響しますか?
A:お答えします。年収が少ないからといって利用できないというわけではありません。年収が少なくても安定した収入が毎月あれば利用は可能です。ただ借入額には影響してきます。月々の返済がいくら可能かは収入に因るところが大きいので、例え借入れ希望額を出しても、収入とのバランスで希望より少額になってしまうことはあります。また、総量規制の対象になるかどうかもありますので、年収に対しての借入額は決まってしまいます。


Q申込みブラックって本当にあるんでしょうか?
A:お答えします。複数の金融業者に同時期に申込むと、新たに別な金融業者に申し込んだ時に、審査が通り辛くなることがあります。これを「申し込みブラック」と言い、正しくは「多重申し込み」と言います。これは実際にあります。消費者金融などで審査をする際に申し込みをされたお客様の金融関連情報が検証されます。この時に利用するのが「信用情報機関」のJICCやCICなどです。返済の悪質な遅れがあったかどうか、債務整理などがなかったかも調べられます。その中に、多重申し込みの履歴もあって、調べられてしまいます。ですが多重申し込みの保存期間は半年なので、半年後に申し込めば問題ありません。


Qお借入診断で何がわかるんでしょうか?
A:お答えします。モビットではお申し込みの前にご自身が借りれるかどうかがわかるサービスがあります。「生年月日」「税込年収」「現在他社借入金額」の3項目に答えることで診断されます。まずは消費者金融には借りれる年齢制限が設けてあります。未成年者は借りることができません。また高齢の方の利用もできません。そして年収と他社借入金額の2項目でわかるのは総量規制の対象になっているかどうかがわかります。総量規制により、年収の3分の1までしか借りることができません。すでに他社でそれを超える借入れがされている場合は新規での融資は厳しいかもしれません。

ここで診断されるのは、年収ではなくて、年収と借りれのバランスですので、年収が少ないから借りれないということはありません。なので、年収を多めに書かないといけないわけでもありません。


Q審査にはどれくらい時間がかかるのでしょうか?
A:お答えします。お申し込みの曜日や時間帯によって変わりますが、最短では30分で審査が完了します。そして即日融資も可能です。曜日や時間帯によっては次の日になります。土曜日か日曜日は基本的に週明けの月曜日に審査完了となりますが、相談によっては、週末のうちに小額の融資も可能です。希望借り入れ金額の残りを週明けの審査の後に融資が可能になる場合もあります。


Q:転職したばかりでもカードローン審査に通る?
A
正社員であれば審査に通る可能性があります。派遣やアルバイトの場合は、勤続期間が3か月未満だと審査に通りづらいケースもあります。個々により違うので明確な回答はできませんが、仕事に就いている状態であればあまり機にしなくても大丈夫でしょう。