カードローンの利用限度額が決まる仕組みについて

カードローンの利用限度額、どのように決まるのか気になりませんか?

うまく仕組みを利用すれば、カードローンの限度額をあげることも可能です。

カードローンの限度額が決まる仕組みについて解説します。

・限度額の基本は年収

カードローンの利用限度額は基本的に年収で決まっていきます。

現代では貸金業者は総量規制に縛られているので、年収の三分の一を超えた限度額は行なってくれないのです。

最近では銀行カードローンも年収で限度額を決定するように自主ルールを作り始めていますので、限度額の増減は年収で左右される部分はもっと大きくなっています。

年収以外で限度額をあげる方法

年収をあげるといってもそんなに簡単ではありません。

そこで限度額をあげる方法として、信用力を高める方法を使いましょう。

具体的には、
◆返済日を忘れず、滞納は絶対しない
◆完済をしてからまた借りる
と言う行動を繰り返し行ってください。

完済をすることにより、返済能力があるとみなされます。

新規のカードローンを契約する

カードローンの限度額をあげるのは、地道な作業が必要になります。

はっきり言って、新規のカードローンを契約した方が金額的にも充分な限度額を得ることができるのです。

お金をもっと借りたい時は、新規のカードローン契約を行いましょう。

カードローンの限度額を上げるには信用力の向上が不可欠です。

仕組みを理解し、滞納や借りすぎには気をつけましょう。

このページの先頭へ