カードローン審査の前に自分の信用情報を調べる方法は?

カードローンの審査で重要視される「信用情報」ですが、これは基本的に加盟機関が本人の同意を取ったうえでしか利用できません。

しかし本人に限っては信用情報機関に問い合わせて開示を求めることで利用できます。

信用情報機関に問い合わせる

信用情報を確認したい場合、信用情報を収集保管している信用情報機関に対して信用情報の開示請求を行います。

本人、ないしは委任を受けた代理人が信用情報機関の窓口や郵送で請求することで本人の信用情報を確認することができます。

最近ではネットでの請求にも対応する「信用情報機関」がありますが、信用情報機関によって開示請求の方法は異なるのであらかじめホームページ確認しておきましょう。

問い合わせてどうする?

信用情報についてよくある勘違いとして「ブラックリストのように審査に直接かかわることが書いてある」という物があります。

信用情報は「客観的に確認できる情報」つまり住所氏名など本人を特定するための情報の他と過去の申し込み履歴や現在の借入状態などが書かれている物であり、審査に関する評価は一切かかれていません。

その情報を取り寄せた金融機関がその情報を元に審査を行うので、情報を確認したからと言って審査の合否がわかるようなことはありませんし、都合が悪い情報が書かれていても修正や削除ができるという物ではありません。

「信用情報機関」に関してはあらかじめ調べておくことはできますが、調べたからと言って何か対策などがうてるものではないという事は理解しておきましょう。

自分の状況を知ることで、無理やり多重申込みをしての事故を防ぐことはできるのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ