カードローン審査に通りやすい時期が存在するのは事実?

カードローン審査に通りやすい時期が存在するという噂を聞いたことがありませんか。

カードローン審査が厳しくなるよりはどちらかというと通りやすくなる時期が存在するのなら、その時期を狙ってカードローンの申し込みを行えば審査に通過する事が可能です。

審査がスムーズに通りやすくなる時期について解説します。

・銀行カードローンは決算前

銀行カードローンの場合、カードローンの貸付額が多いと預金に対しての貸し出しが多くなります。

これを与貸率と呼び、与貸率が悪い数字であると金融庁検査などで指導の対象になります。

与貸率は決算や中間期決算、年末決算で計算されますので、与貸率を良化させるために決算前、銀行は積極的な融資を行う事があります。

更に収益ノルマも厳しくなりますので、決算前はカードローン審査に通りやすい時期になる訳です。

銀行の決算は、3月末、9月末になりますから、大体2~3月、8~9月、11月~12月は銀行カードローン審査に通りやすい時期と言えるでしょう。

・消費者金融カードローンは閑散期

消費者金融カードローンの場合、月々のノルマを達成できない時期においてカードローン審査に通りやすくなります。

民間企業がボーナスを出した時期は、ほとんどの人の財布にお金が入っている為カードローンを申し込もうとする人が少なくなります。

具体的には夏のボーナスが出る6月~7月、冬のボーナスが出る12月が消費者金融カードローン審査に通りやすい時期と言えるでしょう。

逆に夏休み前等多くの人がお金を使う為、消費者金融カードローンの申し込みが増える時期はカードローン審査に通りにくくなります。

審査がスムーズに通りやすくなる時期について解説してきました。

カードローン審査は時期によって大きく左右されます。

是非、カードローン審査に通りやすい時期を狙って申し込みを行ってください。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ