フリータのキャッシング、審査通過のコツってあるの?

フリーターだからキャッシング審査に通らないと思っていませんか。

フリーターというと収入が不安定と判断されます。確かにフリーターの方がキャッシング審査に通るには、多少のコツが必要です。

フリーターの方がキャッシング審査に通るコツについて解説します。

・希望額を少なめにする

希望額を多く書けば、満額審査に通過しなくても希望額に近い金額を借りられると思っていませんか。

消費者金融の場合、50万円以上の貸付を行う場合には収入証明を求められれ詳細に審査を行われてしまいます。

詳細に審査を行われてしまうと、審査落ちしてしまうのは当たり前ですね。

希望額を少なめに申告するのもフリーターの方が審査に通過するコツになります。

・勤続年数を長めに書く

勤続年数は在籍確認では調べにくい項目の1つです。

しかし勤続年数は審査において重要なコツの1つになります。

あまりお勧めはしませんが同じ職場での勤続年数が1年程度の人は、少し多めに2年以上と申告してみるといいでしょう。

他の書類に勤続年数が記されていなければ、審査に通過する可能性は若干あがりのではないでしょうか。

・中小消費者金融をあたってみる

大手消費者金融の方がブランドもあり、安心して利用する事ができそうですが、現在は中小消費者金融も法律をキチンと守っていますので利用に不安はありません。

中小消費者金融は顧客基盤が脆弱ですので、フリーターの方でも審査の間口は広くなります。

大手消費者金融を諦め、中小消費者金融を狙うことも審査通過のコツになります。

しかしながら当然、フリーターであるからといって、モビットやプロミス、アコム等の大手の金融だと審査に通らないわけではありません。

コツを掴み、上手に審査に通過して下さい。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ