カードローン審査の本人確認で注意すべき事項とは?

カードローン審査の際には必ず本人確認が行われます。

本人確認書類には、
①顔写真付きの本人確認書類が望ましい

②有効期限切れのものは無効

③書類はスマホがあった方が提出が楽
といった注意事項があります。

カードローン審査の際の注意事項について解説します。

・本人確認書類は?

本人確認書類は顔写真付きが原則です。

顔写真がついていない健康保険証などで本人確認をする場合は、公共料金の領収書など別途1点の書類を求められることがあります。

申し込む前に消費者金融に確認をしてみましょう。

・有効期限以内のもの

運転免許証があっても、有効期限が切れているものは受け付けてくれません。

パスポートにも有効期限があり、こちらも切れていると本人確認書類として使えないので気をつける必要があります。

住民票や公共料金の支払い書は概ね6ヶ月以内でなければ、書類として不十分とされます。

これらはホームページに説明があるので、あらかじめ行う確認が必要です。

・スマホがあるとスムーズ

本人確認書類の提出はスマホがあるとスムーズです。

スマホで写真を撮り、専用のサイトからアップロードして提出すれば本人確認書類を提出する事が出来ます。

スマホがない人は、どのように書類を送るのがいいかカードローン会社に相談してみてください。

カードローンの本人確認は、注意事項をよく守り行ってください。

書類に不備があると、時間がとられ即日融資を受ける事が出来なくなる現認にもなります。

このページの先頭へ