カードローンの減らない元金はどう返済するのが良いのか?

カードローンから借りた後に注意したいのが、元金と利息の関係です。

返済を続けているのに、なかなか元金が減らないケースがあるため、毎月の返済額には注意したいところです。

○ 残高スライド方式

カードローンの多くで残高スライド方式を採用しています。

残高スライド方式は返済方式の一つで、借入残高によって毎月の返済額が変動するのが特徴です。

毎月最小返済額のままで良いため、返済しやすいというメリットがあります。

残高スライド方式の例は次をご覧下さい。

残高10万円以下 毎月2,000円
残高10万円超~20万円以下 毎月4,000円
残高20万円超~30万円以下 毎月6,000円
残高30万円超~40万円以下 毎月8,000円
残高40万円超~50万円以下 毎月10,000円

毎月最小返済額は元金部分+利息部分の合計のため、毎月幾ら返済すれば良いのか分かりやすいです。

○ 残高スライド方式の注意点

残高スライド方式で一つ注意したいのが、返済期間です。

返済期間を長期にしてしまうと、どうしても利息が大きくなり、月々の負担が増えてしまいます。

次に借入金額50万円、毎月最小返済額10,000円、金利14.6%の条件で、返済期間がどの位になるのかシミュレーションしてみました。

返済期間6年6か月・返済回数78回というシミュレーション結果です。

残高スライド方式では返済が進むごとに、元金部分が多くなり、利息部分が少なくなります。

返済当初は利息部分のほうが多いため、効率よく元金が減らないことがあるのです。

○ 繰り上げ返済を積極的に活用

カードローンの多くで繰り上げ返済ができます。

追加返済、随時返済と呼ぶカードローンもありますが、繰り上げ返済とほぼ同じ意味です。

繰り上げ返済によって、返済期間が短くなり、利息の負担が少なくなります。

余裕のある範囲で構いませんので、繰り上げ返済を積極的に活用しましょう。

○ まとめ

カードローンによって返済方式が異なります。

毎月の返済額も異なるため、事前に返済シミュレーションを行い、利息が幾らになるのか試算してみて下さい。

このページの先頭へ