カードローンの審査では金額より安定性が重要視されるのは本当?

カードローンで行われる審査では申込み者の年収を確認する事は必ず行われます。

基本的には、得ている年収は多いほどカードローンの審査が有利になります。

しかし、不安定な年収だとカードローンの審査が不利になる可能性がありますよ。

実際には年収の金額だけではわからないところですが、会社の形態などでわかってくるものですが、月々の収入が安定しているのか不安定なのかが審査に影響してきます。

・収入の多さ少なさよりも安定性こそが重要

カードローンで行われる審査では、収入の多さ少なさよりも安定性を重要視する傾向があります。

先月5万円・今月25万円といった収入よりも、先月15万円・今月15万円といった収入を得ている方のほうがカードローンの審査で高評価を得やすいです。

職種によっては、収入が多いときと少ないときと波があるようなので、そこは消費者金融側も訊いてくるでしょう。

正社員の方より収入が少ない傾向のあるアルバイト・パートの方でも、収入に安定性があればカードローンの審査通過が期待できますよ。

・収入の安定性を重視する理由

カードローンの審査でなぜ収入の安定性を重視するのか、それは返済を続けやすいからです。

カードローンから借入した後は、毎月きちんと返済しないといけません。

収入が不安定の方だと先月の返済は問題ないが、今月は収入が少ないため返済が厳しいという事態が発生しかねません。

カードローンは担保・保証人不要で借入できるローン商品が多いため、利用者が返済困難となると貸し倒れになる恐れがあります。

貸し倒れはカードローン会社の損失になるため、収入が不安定の方は審査での評価が低くなりやすいのです。

・まとめ

カードローンの返済に遅れると、遅延損害金を請求されることが多いです。

遅延損害金に加え、カードローンの元金と利息も返済しないといけません。

長期滞納するとブラックリスト入りとなる恐れもあるため、収入が不安定な方はカードローンへの申込みを控えたほうが良いでしょう。

このページの先頭へ